ショップ案内 薪ストーブ日記 お客様のストーブ 徳島薪ストーブクラブ リンク トップへ
薪ストーブ日記
戻る 次ぎ
[2017/08/12] 再生可能エネルギー木質バイオマスに発展はあるのか、2
大工さんが家を建てる、出る木材の端材は乾燥も15パー以下で薪ストーブの薪やペレットの資源になる 集める手段と樹種の選別も難しいが、最近は木造建築でも現場で端材が出ない工夫がされている 地元の木材を使う公共工事も木材の端材までも地元で使うエネルギーに変える仕組みが必要

けんいち
 
[2017/08/12] 佐那河内村新庁舎建設問題 54

お墓の掃除の後、お婆ちゃんを病院へ待つ間 旧中学校跡地へ
子供達が野球の練習に使っている様で草も丁寧に、体育館も夜間利用も多い、教員住宅は現在も利用されている母校の夏

けんいち
 
[2017/08/11] 佐那河内村新庁舎建設問題 51
ワークショップでは村民のアイデアを取り入れると思われがちだが、実際は役場の床面積を村民に決めさせる 広くするのか現状かとか短時間で意見をマトメさせて村の都合で解釈する、15名限定しながら無理に集めて強行進行は今後の村づくりの汚点で庁舎建設の失敗の始まりになる、ナントカ少しでも良い方向に考える私たち参加者をどうしてもっと集めなかったのだろうか疑問が残る
我が家は県道沿いで路線バスが前を走る 家は敷地いっぱいに大きく建てた 三世代住宅、嫁の両親まで一緒に暮らす集合住宅と言っても過言ではない 贅沢は必要ないが大きいことは悪いことでは無い 役場も同じだと思う
幸ばあちゃんが作業用の手袋を毎日洗ってくれている、煙突掃除で真っ黒になる 家族が多い事も悪いことではないが 村民も多いほど良い同じ
議員や業者などは挨拶回りや陳情に役場の各課を回りやすい様に1箇所に集中していて、さらに大型の観光バスで政府の偉いさんや視察団を受け入れたい、さらに村民の為のワンストップサービスで農協と郵便局を受け入れ、さらに村の産業である農業に活性化を支援する農産物加工場や道の駅の機能を持たせた販売や呼び込みも考えている。重要なのはお年寄りが寂しい時に安心して安全に来てもらえる庁舎を最終は村が決めて村が建設する
以上が村の構想である
#ムラノ環境デザイン室
けんいち
 
[2017/08/09] 煙突掃除 台風の後は屋根が綺麗で滑らずウレシイ
 
[2017/08/09] 再生可能エネルギー 木質バイオマスに発展はあるのか 3

南国四国で森のエネルギーを利用する
それぞれの暮らしの中で、各家庭の自然環境の中
エネルギーの備蓄の可能性
薪ストーブオーナーさまの庭状況、乾燥の仕方


けんいち
 
戻る 次ぎ
 
Copyright (C) 2006 桑原電気 All Rights Reserved.