ショップ案内 薪ストーブ日記 お客様のストーブ 徳島薪ストーブクラブ リンク トップへ
薪ストーブ日記
次ぎ
[2019/07/07] 家の灯りに飛び込んで来た
夏になる
 
[2019/07/01] 夢の村長選出馬 その60
毎日コーヒー豆を挽いてはイレル、練習
午前は徳島市で段取り、午後は美馬市で煙突工事
帰り鴨島のスーパーに寄って上勝の番茶購入、良い香りで最高
努力しても飽きも来る、好みもある
私は現場の人間ながら、弟子を育てるのが苦手 見て覚えて私の代わりをしてくれれば、私が先の段取りが出来るのだが、私の仕事を見ないで 、その先を考えて動く人が多い 若い頃は腹が立っていたが 、、最近は特性で伸ばせ方針 子供にも薪ストーブの仕事をさせたが、勉強が好きなら大学へ行って大きい会社に入れば良い。大きい会社でも移動やピンチもある、最近東京の会社でも地方サテライトや自宅で仕事や副業も良いような、何でもやって見て成果を確認する時代 地方の行政も門戸を広げて欲しい 町長、市長や県知事になれば 続けたいのはワカルほっといたら30年になる。。

けんいち
 
[2019/06/30] 夢の村長選出馬 59
令和の村の改造論も解りやすくパンフレットにしたり、配る ポスターなどにもお金が必要で ドンドン煙突工事をやろうと積み込むが雨が降り続く 出馬して自分の案を公開して説明して当選しなければ、当選して役場の職員に無視され村議会に反対されても懲りずに説明する そもそも村の職員と村議8人で決めること自体に間違いが多いです 大型ゴミ焼却場問題の時のように重要な事は村民に責任で、議員は職場の斡旋や農道の整備の陳情役、それも選挙を応援した者優先 露骨です小さい村だけに、、
けんいち
 
[2019/06/28] 夢の村長選出馬 58
子供達も県外就職で自宅の薪の消費も減った。 ま、、当たり前のことなのですが 建築用の古材利用 佐那河内村は全盛期から何万人の人の暮らしがあった村では無い、小さい森に囲まれた集落
当然、現在人口が減少すれば 消費電力も減る 水道利用も減る、ガス、石油など家庭の利用エネルギーの算出は以外に簡単に出来るハズ、逆に村外へ仕事で車での燃費や村内に通勤するガソリン代の算出がムズカしい。 その辺を徹底的に分析公表することで山村の未来が見える その研究に最適、徳島県の自然エネルギーの将来が見える 。 今ある徳島県東部山岳地帯の大型風力発電は固定資産税と建設に伴う地元労働だけ 村の財産でも無い
地方の山村で暮らすのだから、綺麗な水を飲みたい 自然エネルギーで暮らしたい 私が村で暮らす最大の理由、比較的安定した地熱利用が望め無いが、風や水、日当たりも、、 良好です 追加エネルギーで薪が調整役で暮らしを豊かにしてくれる 全盛期にどうだったの知識ではない 梅雨も来れば台風も来る
けんいち
 
[2019/06/26] 夢の村長選挙出馬 56
今日は阿南市へ煙突掃除、その後新築の現場で寸法取り
お昼はワッショイというショップで弁当購入、県民の味で美味しいです。 その後、徳島市 北島町で現場で寸法取り、佐那河内に帰ってストーブを積み込み北島町の新築現場に搬入設置完了
佐那河内の店に帰る,近所のレイコさんが、お婆ちゃんに自家製野菜と山形のサクランボやゼリーを届けてくれた 村の自家製で無農薬も最高、県外の食材も美味しい、 加工品も楽しい
佐那河内村は位置的に徳島県東部地区に中心、学校や仕事で村を出る人が多い 逆に村を通過する人も多い 山村ですが意外に流通と言うか 商売に適当に良い 特に佐那河内村の本谷下地区の役場支所は教育委員会や総務部企画などが適切で、村の食材の他に徳島県東部地区の食材や加工品を製造したり販売するショップも併設する、、、
けんいち
 
次ぎ
 
Copyright (C) 2006 桑原電気 All Rights Reserved.